“脱おやじ服”で夏をおしゃれに | プレミアムシニア
“脱おやじ服”で夏をおしゃれに | プレミアムシニア

“脱おやじ服”で夏をおしゃれに

08 8月 2013 by acsenior

ポイントは「ゆったり」より「ぴったり」

このサイトでは60代男性に向けて若々しいファッションをご提案していますが、やはりファッションで一番大切なのはサイズ感だと思います。
ワンサイズ大きいサイズのものをジャストフィットしたサイズのものに変えるだけで見違えるほど印象が変わります。
そんな記事を見つけたのでこちらでご紹介しますね!

(日中新聞/http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013080602100014.html)

「ゆったり」は古めかしさが目立つ

五十歳でスタイリストの学校に通いアシスタントなどを経て独立。ファッションのカウンセリングや洋服の買い物同行などのほか、おしゃれ講座も手掛けている「サンドルバラム(そよ風)」の李さんは中高年男性向けに、「おやじにサヨナラ、レッスン」を企画。そこで肩回りの大きなジャケットや、ダブダブのズボンなど「一回りサイズの大きい服を着ている」と痛感したという。
「最近は細いシルエットがはやり。ゆったりは古めかしさが目立つ」と李さん。「体にぴったり合う服を選ぶ。昔買った高価なズボンより、ユニクロの細身のパンツがいい」

写真1

写真(1)が、よくある服装だ。他には、カジュアルなシャツの裾をズボンに入れる格好やウエストポーチ、野球帽といった小物類。さらには靴下にサンダル履きも。「大人の男性は品格と清潔感が大事。TPOと年齢に合った服装は自信となり、周囲には信頼感と好印象を与える」
では、どうすればいいか。簡単なテクニックを伝授してもらった。

「同系色」でまとめる

写真2

まずは「同系色」でまとめること。シャツとパンツを白にそろえると、「縦ライン」ができてすっきりと見える。さらに帽子などで「高い位置にポイントをつくる」=同(2)=と、おしゃれ度がアップするという。

すぐできるおしゃれ技

写真③

ジャケットなどのボタンを一つだけ留めてつくる「Xライン」はセクシーさを演出。一つの色を二カ所に入れる「二カ所の法則」を使い、Tシャツとポケットチーフを紫色で合わせてまとまり感を出した=同(3)。

足元も大切。プレス線のあるパンツと同系色の靴を履くと、足が長く見える効果も。「夏は運動靴より、デッキシューズやローファーなどを、足の甲が隠れる靴下で履くと、涼しく、おしゃれに見えます」=同(4)、(5)。

写真④写真5
李さんの個人事務所「サンドルバラム(そよ風)」
TEL042(201)4202
HP→http://pss-soyokaze.com

おすすめ記事
>加齢臭にさようなら!
>60代男性におすすめファッション参考書
>60代男性に取り入れてほしい 夏のファッションコーディネート
>60代男性のファッションブランド・通販ショップおススメリスト


記事一覧を見る
プレミアムシニアファッショントップページへ

                   | Tags: , , , , ,